夏のお宮参りにおすすめのママの服装5選!暑さ対策と選び方のポイントを押さえて快適に♪

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

お宮参りは生後1ヶ月くらいに行う人が多いため、真夏にお宮参りの予定がある人もいますよね♪

最近の日本の夏の暑さは、対策なしではつらすぎます!

ここでは、夏のお宮参りを快適に過ごすために、暑さ対策と服装の選び方のポイントを解説します♪

夏のお宮参りで気をつけたい4つのこと

生まれたばかりのお子さんとの初のビッグイベントであるお宮参り♪

夏の暑さ対策をきちんとして、臨みたいですね。

ここでは、夏のお宮参りで気をつけたいことを4つにまとめました。

  • 服装の格を合わせる
  • 暑さ対策
  • 脱水症状に注意
  • お宮参りの時期はずらしてもOK

一つ一つ一緒に見ていきましょう(^^)

服装の格を合わせる

お宮参りは、お子さんの健康を祈るイベントです。

主役は赤ちゃん♪

付添人である親御さんは、赤ちゃんよりも目立たない服装をするようにしましょう(^^)

特に気をつけたいのは、服装の格が主役よりも親御さんが上になることです。

これはつまり、「主役のお子さんよりもフォーマル度が上ではいけない」ということなんです。

結婚式でいうと、参列者が花嫁よりも目立ってはいけないので、「白の服はNG」というマナーがありますよね。

服装の格を合わせるというのは、それと同じことになります。

特に注意したいのは、ママさんが着物を着る場合です。

ママさんは、主役の赤ちゃんよりも格上の服装をしてはいけません。

お宮参りの場合は、服装の格は同格でも大丈夫なので、ママさんが着物を着る場合は、お子さんも和装にしましょう(^^)

暑さ対策

日本の夏は、生まれたての赤ちゃんには辛い暑さですよね。

暑さをしのぐために、ハンディファンや日傘など準備しておきたいですね♪

特に夏の日差しには紫外線もたっぷり含まれています。

移動のときはできる限り日差しを避けて、直射日光が当たらないように気をつけたいですね(^^)

脱水症状に注意

赤ちゃんは体温調節がうまくできません。

うまくできないながらも、夏場の赤ちゃんはがんばって体温調節をしようとするので、たくさん汗をかきます。 

そうすると、体が小さいのですぐに脱水をするようにしましょう。

また、ママさんが母乳を上げると、ママさんから水分がなくなっていきます!

赤ちゃんに母乳をあげたら、必ずママさんも水分補給するようにしましょう(^^)

お宮参りの時期はずらしてもOK

お宮参りは生後一ヶ月くらいの時期に行うのが一般的と言われています。

ですが、この時期はずらしても大丈夫です。

お食い初め(生後100日前後)の時に合わせてお祝いする方もいらっしゃいますよ。

ママさん自身の体調が不安だったり、お子さんの体力が心配な場合は、無理せずに暑さが収まってからお宮参りをするのもありです。

赤ちゃんの様子や家族の体調や予定に合わせて、お宮参りの日程を立てましょう♪

夏のお宮参りのママの服装の選び方3つのポイントを解説!

お宮参りでは、お子さんの服や神社の選定、写真撮影など、決めなければいけないことがたくさんありますよね。

ここでは、その中でも先に準備できるママさんの服装についてチェックしていきたいと思います(^^)

夏のお宮参りの服装の選び方のポイントを3つにまとめました。

  • 授乳しやすいものを選ぶ
  • 体温調節ができるものを持っていく
  • 肌の露出は適度に

一つ一つ一緒に見ていきましょう(^^)

授乳しやすいものを選ぶ

夏のお宮参りでは、赤ちゃんに授乳しやすいものを選びましょう(^^)

生まれたばかりの赤ちゃんは、体温調節がうまくできません。

その状態で暑い日を乗り越えるために、たくさん汗をかきます。

赤ちゃんが汗っかきなのは、体温調節を頑張っているからなんですね。

小さい体で体温調節のためにたくさん汗をかくと、すぐに脱水を起こしてしまう可能性があります。

今は、お子さんの水分補給は母乳かミルクと言われていると思います。

なので、母乳で育ているママさんは、すぐに母乳を上げられる服装を選ぶと安心ですよ♪

体温調節ができるものを持っていく

夏のお宮参りでは、体温調節ができるものを必ず持っていきましょう(^^)

お宮参りの写真を撮る時は外で撮ることが多いと思います。

また、お宮参りの手続きやお祓いの場所はエアコンがかかっている場合が多いです。

お食事をする場合も、レストランはエアコンがきいていますよね。

この時に、薄手でも体温調節ができる羽織物を持っていくと安心です。

さらに赤ちゃん用に一枚、ママ用に一枚あると安心です♪

「寒かったら自分のものを赤ちゃんにかければいい」

と羽織を一枚しか持っていかないと、ママさんが体調を崩してしまうことがあります。

脱水症状と同じく、ママさんはお子さんの体調を気遣うあまり、自分の体調を後回しにしがちですよね。

お子さんの体調を気遣うあまり、ママさんが脱水症状になったり、風邪を引いてしまったりというエピソードはよく聞きます。

赤ちゃんの次に体調を崩すと大変になるのは、ママさんです。

ママさんも産後すぐで体調の変化が起きやすい時期なので、赤ちゃん同様、自分の体調も十分に気を使ってあげてくださいね♪

肌の露出は適度に 服の素材を工夫しましょう

お宮参りのときは、肌の露出は適度を心がけましょう(^^)

暑い日は涼しい服がいいですよね。

ストッキングなども暑くて履きたくないかもしれません。

ですが、お宮参りは内祝いとは言え、神社でのお宮参りはフォーマルの場です。

フォーマルでは過度な肌の露出はNGです。

具体的には、短かすぎるスカートは避けましょう。

また、ノースリーブも気をつけたいところです。

ノースリーブはデザインによってはお宮参りできても大丈夫です。

ただ、お祓い時はジャケットやカーディガンを羽織るなどの対応が良いでしょう(^^)

フォーマルでは肌の露出はあまり良いとされないので、真夏のお宮参りの服では素材が涼しいものを選びたいですね。

夏のお宮参り♪授乳しやすいママの服装おすすめ5選

夏のお宮参りは、授乳しやすくて涼し気なものがいいですよね。

さらにお宮参りのマナーにぴったりのきちんと感のあるものがおすすめです。

ここでは授乳しやすいママのお宮参りのおすすめの服装を5つ紹介します♪

Sweet Mommy選べる4デザイン!ワンピースは授乳できるタイプが人気♪スタイルアップできる上品ロング丈ワンピース

ロング丈のレース使いのワンピース。

4つのデザインから選べますよ(^^)

どのタイプも授乳口が付いているので、お子さんにすぐに授乳できるので安心です。

袖丈も5部袖や6部袖でゆとりがあるタイプなので、暑いなかのフォーマル着として、露出が高すぎないですよ♪

お宮参りでは、ネイビーやブラックを選ぶ方が多いですよ。

Pearls スカラップレースとシフォンのワンピース 授乳口付き♪

長め丈のワンピース。

ワンピースにレースをレイヤードしたデザイン♪

夏の暑い時期にジャケットなしでお宮参りに着ても様になります。

授乳口は、レース裏に隠された授乳口をジッパーで開けて、授乳できるタイプになっています。

見た目には全く授乳服見えないこだわりのデザインですよ(^^)

created by Rinker
¥9,460 (2024/07/23 16:40:21時点 楽天市場調べ-詳細)

 

Sweet Mommy着やすい2ピースで上品ママスタイル♪

授乳服に見えないデザイン。

ワンピ風からセットアップまで着回せる2ピースセットアップです。

セットアップなので、ブラウスをまくり上げると直ぐに授乳ができます。

授乳メインで考えると、産後はワンピースよりも上下が分かれていたほうが便利です。

ただやはりフォーマルの時は、ワンピースはとっても便利♪

きちんと感が出ますよね。

こちらは、セットアップとワンピースのいいとこ取りのものになっていますね(^^)

また、セットアップなので、ブラウスだけ、スカートだけの使い方もできます♪

ワンピースは便利ですが、セパレートタイプの方が着回し力はダントツに高いです!

ブラウスはレースタイプと無地タイプから選べますよ。

created by Rinker
¥8,900 (2024/07/24 04:04:31時点 楽天市場調べ-詳細)

選べるトップス2タイプ♪デザインスリーブフレアスカートセットアップ

こちらもブラウスとスカートの2セットアップです。

ブラウスは袖の形で2型から選べますよ(^^)

履きやすいミモレ丈のフレアスカートでエレガントなお宮参りスタイルになりますね。

授乳服専用ではないので、長く着られます♪

授乳はブラウスをまくりあげてしましょう。

お宮参りには、ローズグレーとネイビーがおすすめです。

このようなシンプル生地のフォーマルは、小物をつけてあげないと地味なスタイルになってしまうことがあります。

フォーマルにぴったりなパールネックレスや華やかなバッグなどを合わせてコーデすることをおすすめします!

選べるマルチスタイルのパンツセットアップ

フォーマルスタイルにパンツスタイルが受け入れ始めてから、人気急上昇のフォーマルパンツセットアップ。

こちらのセットは、トップス3種類、ボトムス2種類からの4つの組み合わせから選べるパンツのセットアップです。

自分好みのパンツセットアップが見つかりますよ(^^)

スカートのセットアップ同様、ワンピースよりも着回しがききます!

パンツだけ、ブラウスだけとたくさん着る機会があるので、ムダなアイテムになりにくいですよ。

お宮参りのときは、バッグやネックレスなどの華やかアイテムをプラスしてあげるとお祝いムードが出ますよ(^^)

created by Rinker
¥15,290 (2024/07/24 07:22:49時点 楽天市場調べ-詳細)

夏のお宮参りにおすすめのママの服装5選まとめ

ここでは、夏のお宮参りの服を探しているママさんに、暑い日を快適に過ごすための服装を紹介してきました。

以下では、改めて、この記事でお伝えしたポイントをまとめました。

  • 夏のお宮参りは暑さ対策を忘れずに
  • 授乳しやすい服で赤ちゃんの脱水症状を回避
  • 涼し気な素材の服で露出なしでも快適なお宮参りスタイルを選ぶ

暑さ対策をしっかりして、夏の暑い時期のお宮参りを快適に過ごしましょう♪

お宮参りでのカジュアルママの服装選びのポイント♪おすすめワンピースコーデ5選!お宮参りでのカジュアルママの服装選びのポイント♪おすすめワンピースコーデ5選! お宮参りの服装♪ジャケットなし派ママさんにおすすめのフォーマルパンツセットアップ5選  お宮参りの服装♪ジャケットなし派ママさんにおすすめのフォーマルパンツセットアップ5選  
上部へスクロール